西新商店街

地下鉄空港線の賃貸・西区編

神様が宿る地区・愛宕賃貸・室見賃貸(室見駅)

室見駅は早良区ですが、ほぼ西区側(愛宕側)にあるため、愛宕(愛宕賃貸)からの利用者も多いようです。

室見駅から北は高級住宅街が立ち並びますが、二つの川と河口に挟まれた袋小路になっています。室見駅利用者は、主に南部の団地や住宅街(室見賃貸)から自転車で駅まで行く方が多いようです。

愛宕地区は、愛宕神社を見上げ、古くから愛宕信仰がある地区です。愛宕神社がある愛宕山は、自然の多い小高い山でしたが、北側に接する海が埋め立てられ、東側は削られて高速道路が出来、それに伴い、山肌にマンションやアパートが建ちならぶようになりました。

地下鉄の始発駅・姪浜賃貸(姪浜駅)

姪浜駅は、西区役所の最寄り駅であり、福岡市西区の中心地となります。

駅周辺はマンションが乱立し、その周囲をアパートや戸建て住宅で覆うようになっている典型的なベッドタウン(姪浜賃貸)ですが、地下鉄開業当初は、そのほとんどが田んぼでり、南を向けば永遠の田畑が広がる田舎だったそうです。

この姪浜を境に、西と東では多くの違いが見受けられます。

姪浜駅より東は、明治通りは4車線以上の走行しやすい道路ですが、姪浜駅より西は片側1車線の対面通行です。これは、姪浜から東はかつて路面電車が通っていたことに由来します。

次に、鉄道も東は地下鉄、西はJRであり、相互乗り入れをしているとはいえ、電車の本数が地下鉄側が倍ほど多くなります。

また、バスも東は西鉄バスの豊富なバス路線なのに対し、西側は一部の西鉄バスと、小戸地区へ向かう昭和バスとなり、運行形態が変わります。

姪浜駅を過ぎて西に向かって進みますと、ガラッと街のようすが変わります。逆に言えば、それほど姪浜地区がめざましい発展を遂げたということです。